駒沢学園女子高等学校(東京都)

[実施日時] 2020年11月10日(火) 講義5時限目~6時限目(13:30~14:20、14:30~15:20)

[学  年] 医療系進学希望者がとる選択授業 高校2年生 45名

[講  師] 淵野 純子


授業の概要

  • 医療系進学希望者がとる選択授業での依頼。医療従事者でがんの経験者がが講師を担当。1時間を通常の一斉授業とし、次の1時間はワークの実施。女子校のため、女性がんについて詳しく教えてほしいとの要望もあり、乳がん子宮頸がんについての説明とともに、乳房モデルを持参し、自己検診のやり方の指導も行った。




授業の評価

授業の感想より


  • しこりの見つけ方は知っていたけど、さわったことがなかったので良い経験になりました。周りの人もその病気についての理解が大切だと分かった。

  • 母ががんだったので日々のかかわり方や何をしてサポートをすればいいのかを学びました。

  • がんについては何度も調べていたし、ある程度の知識はあったけど、今回話しを聞いて、乳がんの患者数が増えていることなど、新たに知ったこともあり、良い時間になりました。実際の通院の経験なども聞くことができ、がんが必ずしも治らない病気ではなく、自分の生活を維持しながら治療できるということも知れて良かったです。

  • 今回の授業を受けて様々な原因によってがんになるということが分かり驚きました。また、ピンクリボンというものがあるということを知って、どのような活動をしているのかもっと詳しく知りたいと思いました。

  • がんは誰にでもなり得ることで、なってしまった時に落ち着いてきちんとした科学的根拠のある情報を収集することが重要だということを知ることができました。

  • 普段、がんを経験された方のお話しを聞く機会はなかなかないと思うので、気持ちなど色々聞けて良かったです。