豊島区立巣鴨北中学校(東京都)

最終更新: 7月1日

[実施日時] 2020年2月17日(水)10:50~11:40、11:50~12:40(各50分)

[学  年]  3年生女子 38名 (3クラス)

[講  師] 淵野 純子


授業の概要

  • 女子生徒を対象に乳がんについて、病態、早期発見方法、現状などを教えてほしいとの依頼。

  • そこで、看護師であり乳がん経験者の講師を選定し、がん教育としての基本内容に、乳がんに特化した情報を加えてスライドを再構成し、授業を行った。当日は乳房視触診モデルを用意して、セルフチェックの方法を伝えた。


授業の評価

授業の感想より

  • がんはずっと痛くておとなしく寝ていなければ治らないものだと思っていたけど、話しを聞いて早期発見すれば仕事をしたりしても治るものなんだと知ることができた

  • がんは自分にも起こりうることだということが分かった。乳がんは自分でみつけることができる唯一のがんということが分かったので、姉や母にも教えたいと思った

  • 2人に1人と、とても身近なものと感じて、少し怖くなりましたが、早く受診することで90%なおると知り、自分の身を自分で守ることの大切さを学びました

  • 私のお母さんが怖がって、がんの検診に行きません。なのでこれからは一緒に検診に行き、安心させてあげたいです















  • Facebook

認定NPO法人乳房健康研究会運営事務局

〒104-0045 東京都中央区築地1-4-8 築地ホワイトビル1002
TEL:03-6278-8720(平日10時~17時)

FAX:03-3545-6545
e-mail:education@breastcare.jp 

©2019 JAPAN SOCIEY OF BREAST HEALTH