成田高等学校(千葉県)実施レポート

[実施日時] 2019年1月30日(水)8:45 ~  

[学  年]  3年生(進路決定者) 83名 

[講  師] 藤原 緑


授業の概要

  • 推薦入試や就職等で早々に進路が決定した高校3年生を対象にした授業。

  • 学校との事前打ち合わせでは、肉親を亡くされた生徒への配慮事項や、抗がん剤により脱毛する過程ともとに戻る過程を提示する可否などを確認。なるべく生徒が自分で考えて、参加できる授業にしてほしいとの要望があったので、一人ひとりとアイコンタクトをとりながら、考えを引き出すよう心掛けた。


授業の評価


授業の感想より

  • 初めてちゃんとしたがんの知識を知ることが出来ました。がんの治る可能性を知ることが出来たはの嬉しい

  • 私は将来、がん患者さんを相手にした薬剤師になりたいと考えているので、とてもためになりました。祖父が先日がんになり、改めて身近なものであるなと感じました。これから先、自分の身は自分で守るためにも検診や生活習慣に気をつけたいと思います

  • 実際にがんを体験した方の言葉は貴重で重いものだと感じました。でも、話し方とか進め方が、私たちが受け入れやすいように話してくださったので、心に残りました。今日聞いてお話を忘れないようにしようと思いました



  • Facebook

認定NPO法人乳房健康研究会運営事務局

〒104-0045 東京都中央区築地1-4-8 築地ホワイトビル1002
TEL:03-6278-8720(平日10時~17時)

FAX:03-3545-6545
e-mail:education@breastcare.jp 

©2019 JAPAN SOCIEY OF BREAST HEALTH